股関節の痛み   Y.N さん 52才

『施術後に日々ゆっくりと痛みが和らぐのを実感しています。
 時には筋肉痛のようになる事もありますが、つらあた痛さではありません。

 毎回意識するポイントをアドバイスしていただくので自分でも姿勢のくせを意識できるようになりつつあると思います。これが大切なのかもしれませんね。』

スポーツを楽しめるようになりました 65才

『友人の紹介でそして以前から気になっていました。腰・ヒザの痛みが増し思い切ってドアをたたきました。今では、ヒザ・腰はスポーツが出来る様になり、楽しむことが出来ます。
65年間のオーバーホールも必要と思います。宜しくお願い致します。』

こむら返り(足がつる)の原因

・毎日夜になると足がつって眠れない

・いつも脚が重く感じ、だるくて歩きずらい

 

このような症状はありませんか?

自分でストレッチをしてもなかなか改善しない方も多いと思います。

足がつる原因は「血流不足」です。

心臓から足に向かった血液は脚を動かすことによって足先から心臓に戻って

いきます。その途中で脚の筋肉に酸素を運び、そのおかげで脚が動かせる訳ですね。

その大事な血液の量が減ってしまい、筋肉に酸素を十分に供給できなくなると

足がつってしまいます。

身体が「酸素が足りないよ~」とサインを出してくれます。

これが慢性的になると、常に脚全体が疲労してしまいます。

これが「脚が重い状態」ですね。

 

ではどうすれば改善するのか?

当院では背骨を調整し神経の流れをよくして、更にお腹の奥の筋肉を緩めます。

血流の調整をしているのも脳からの指令ですね、この指令がうまく出るように背骨をまずは整える必要があります。

お腹の中のインナーマッスルが硬いとそれより先、つまり脚全体への血流が

悪くなってしまいます。

 

同時に姿勢も改善します。

背骨が整い、インナーマッスルが緩むと姿勢が良くなります。

骨盤の位置が整うと脚もスムーズに運べるようになります。

脚全体の血流がよくなり、「足がつる」「脚が重い」これらの症状を解消することができます。

 

===================================

 

[姿勢が改善すると足が辛くなくなり、脚全体が軽くなります]